運輸安全マネージメントへの取組み

1.安全に関する方針

安全方針

  • 法令を遵守し安全運転をする
  • 全てにおいて安全を最優先にする
  • 安全の維持・向上に努める
  • 安全を通じ最高のサービスを提供する

安全重点施策

  • 最低3秒間の車間距離確保
  • 制限速度の遵守
  • 周囲の安全確認の徹底
  • 全席シートベルト着用の案内と確認
  • 乗降の際の乗客の安全確保
  • 飲酒運転・麻薬等の薬物使用の厳禁

2.安全管理規定

「安全管理規定」・・・詳細はこちら

3.輸送安全情報・行政処分について

弊社の輸送安全情報、統計
・・・2019年度の詳細はこちら
・・・2020年度の詳細はこちら
行政処分はありません

4.輸送の安全への取組み

2018年度

月1度の研修会を実施。10月、11月は繁忙期のため行わず、車両の管理と健康管理に力を入れています。12月に10月、11月の研修内容を実施。
ASV搭載車両(大型バス)1台導入。普通救命講習を貸切バス全乗務員受講。

2019年度

2018年度と同様に研修会の実施をします。
ASV搭載車両(中型バス、小型バス)各1台、計2台導入予定。
外部講師に警察、消防を招いて重大事故等の発生を想定した実践的な訓練、安全講習を予定しています。また、クレフィール湖東での研修(1泊2日)に参加し、その研修で学んだことを全乗務員に伝えるなど、外部研修に参加して得たことを全員で共有しています。

2019年度の研修内容の詳細はこちら

2020年度

2019年度と同様に研修会の実施をします

2020年度研修内容の詳細はこちら

5.事件・事故等安全緊急体制・連絡体制図

詳細はこちら

6.内部監査

中小規模事業者専用の自己チェックシートを活用し、改善・対策が必要なものは、経営幹部会議で検討し改善、見直しを行っています。

7.安全統括管理者

弊社では、代表取締役社長が兼務しており、毎回、社内研修等に参加し、指導にあたっています。
代表取締役社長:佐々木 雅美

8.その他 安全に関する情報

詳細はこちら